ウェディングドレス史

いつの時代も、女性の憧れの衣装といえば、純白のウェディングドレスではないでしょうか。その歴史を辿りますと、本来はキリスト教の婚礼に用いられた衣装でした。しかしご存知のように、昨今の我が国では、西洋文化を取り入れる風潮から、また、洋装への憧憬もあり、白無垢姿の和装よりも人気のある花嫁衣装として定着しました。そんなウェディングドレスにも時代に沿った流行の形がありました。少しそのあたりのお勉強をしてみましょう。ドレスを選ぶのはその後でも遅くはないはずです。時代はローマ帝国に遡ります。キリスト教の普及に伴い、多くの人々が教会で結婚式を挙げるようになりました。

その際に王族や貴族などの特権階級の花嫁が、婚礼の衣装として着るようになったのがそもそもの始まりです。その頃は特に白い色へのこだわりはなく、赤、青、緑などの重厚なベルベット生地に金銀の刺繍が施されたものが主でした。また、これらドレスの装飾などは、その花嫁の家系の地位や経済力をそのまま表していました。16世紀末になると、黒などの暗めの色が流行し始めます。ウェディングドレスもその流れを受け継ぎ、黒の衣装に白のベールなど、純白のドレスには程遠いものでした。

そのように様々な様相を見せながら、18世紀後半以降になると、イギリスのビクトリア調で知られるビクトリア女王が、婚礼の式典で白いウェディングドレスを着用します。当時の婚礼衣装に於いて、白が使用されることは稀でしたが、この日をきっかけに、みるみる白いドレスが普及していったと見られます。さて、日本に於ける現代のウェディングドレスは、キリスト教の儀式というものから遠く離れ、女性を魅力的に美しく見せる衣装という役割に変わりました。袖の長さも肌の露出度も今は自由なデザインが許されていますが、本来ですと、純白のドレスとベールは処女のみが着用が許されていました。極力露出は控えるべきものだったのです。結婚相手への純粋な清き愛の表れでした。このようなことを知ると、どうでしょう、ドレスの選び方も以前とは少し変わってくる気がしませんか。

 

Copyright © 2014 ウェディングドレス考 All Rights Reserved.